マナー研修

みなさんこんにちは。
今日はマナー研修についてお伝えしていきます。

エヌステージでは、最近マナー研修を先輩社員が新入社員に教えています。
内容や進め方、教えたい事などを社員が考え、すぐ業務に活かせるエヌステージ独自のマナー研修実施しています。

そもそもマナー研修の担当も立候補制。
後輩に伝えたい熱い想いをこのマナー研修に注入していきます。
最近では、4月に入社してくる新入社員に向けた新しいコンテンツの制作に取り組んでいます。

DSC_0006[1]

そもそもビジネスマナーとは何なのか、なぜ必要なのか、仕事する上で注意すべきことは何なのか、などなど
担当メンバーで打ち合わせし内容を固めていきます。

システム開発で言えば要件定義、基本設計のフェーズにあたりますかね。
自分の思っている事や考えている事、イメージなどを相手に伝えるのはとても難しく、
うまく皆の考えが纏まらず、メンバー間で衝突することもあります。
自分の感情を殺し、 嘘、偽りで固めた関係はエヌステージャーではありませんから、
もちろん本気で衝突します。
未来の会社を担う大切なメンバーの教育を作るわけですから、手を抜く事など決してできません。

DSC_0005[1]

固めた内容を動画や写真、テキストなどにし、カタチにしていきます。
写真は動画撮影の1シーン。
話合った事、頭で描いている事をカタチにしてみて、イメージとの乖離を埋める作業です。
DSC_0009[1]

一旦作ったカタチに対して、気付いた点や改善点やなどをまとめていきます。
この作業を何度も何度も各パーツ毎に実施していきます。
そして全体を通じて、当初イメージした物に仕上げていきます。
要件定義通りできているのかの検証を、何度も何度も行います。

今回はマナー研修について紹介しましたが、エヌステージでは日常の業務や研修などに本気で取り組むことで、チームで一つのモノを創ることを学んだり、考える力を鍛えたり、文章能力を磨いたりしています。
どんなことも本気でぶつかり、学びに変えて成長していくのがエヌステージャーです!

これからも自ら色んな事にチャレンジして自分を磨いていきましょうね!!

 

広告